相談から納品まで
メーカー製品・セミオーダー・フルオーダーについて

用具選びが決まったら、早速使いたくなるものです。

例えば、まだ頭がフラフラしてうまく座れない子は、抱っこするか、ベッドに寝かせるしかありませんでした。適切な椅子が見つかれば、食事場面で、あるいは手遊びさせるために、すぐに使わせたいものです。シャワーチェアだったら今晩のお風呂から使ってみたくなります。

 

既製品やセミオーダーの場合も、相談から納品までのプロセスは同じですが、フルオーダーに比べて納期が短くなります。

メーカー製品

でく工房では、すぐにお渡して使ってもらえる製品をリストアップしています。これまでに多くの子どもたちに使ってもらって定評のあるものばかりです。もし、その既製品がうまく使えない場合は、ベルトやパッドを取り付けるなど簡単な改造もすぐに行います。(※要・在庫確認)

セミオーダー

既製品では、うまく座れない場合、からだの大きさや状態に合わせたクッションを個別に製作します。事前に選択した既製のフレーム(木製or車椅子)に乗せて使っていただくため、フルオーダーよりも納期が格段に短くなります。

フルオーダー

はじめから設計して製作しますので、細かなご注文にこたえることができます。納期がかかります。

相談から納品まで

お住まいの市町村に製作したい旨連絡します。連絡後、お医者様、訓練士の方たち、ご本人、ご家族の方たちで相談、検討いたします。姿勢保持の検討、ご使用目的など製作に必要なことを話しあいます。

事前に試してみたい製品をご連絡いただきますと、デモ機を何種類かご用意いたします。その中からご希望の機種を選んでいただきます。(必要な場合はベルトやパッドなど簡単なパーツはオーダーメイドします。)

手続き後、支給券が発行されましたら製品をお渡しします。

お住まいの市町村に製作したい旨連絡します。連絡後、お医者様、訓練士の方たち、ご本人、ご家族の方たちで相談、検討いたします。姿勢保持の検討、ご使用目的など製作に必要なことを話しあいます。

事前に試してみたい製品をご連絡いただきますと、デモ機を何種類かご用意いたします。その中からご希望の機種を選んでいただきます。製品に追加して製作する箇所を確定し、それに必要な寸法を計ります。

設計図をもとに製作します。仮合わせが必要な場合は途中まで製作します。

完成前に、体にきちっと合うように仮合わせを行います。(仮合わせの必要がない場合もあります)シートの色などもこの時までには決めていただきます。

仮合わせで指摘された部分を修正し、クッションカバーを縫製し、最終的な組み立てを行います。

完成品をお渡しします。

お住まいの市町村に製作したい旨連絡します。連絡後、お医者様、訓練士の方たち、ご本人、ご家族の方たちで相談、検討いたします。姿勢保持の検討、ご使用目的など製作に必要なことを話しあいます。

製作スタッフが、製作に必要な寸法などを測定します。体の形状そのままを写し取る「採型」という測定の仕方もあります。

製作スタッフが測定値に基づいて設計します。

設計図をもとに製作します。仮合わせが必要な場合は途中まで製作します。

完成前に、体にきちっと合うように仮合わせを行います。(仮合わせの必要がない場合もあります)シートの色などもこの時までには決めていただきます。

仮合わせで指摘された部分を修正し、クッションカバーを縫製し、最終的な組み立てを行います。

完成品をお渡しします。