側臥位三兄弟

側臥位三兄弟

自分で寝返りがうてない方は、ずっと同じ姿勢のままで寝ていなければなりません。

圧迫が続くと褥瘡(じょくそう=床ずれ)ができやすくなります。それを防止するためにも体の向きを時々かえる必要があります。しかし、体を横向きに保つのはたいへんです。そんな時に便利なクッションです。倒れないように体を支え、下になる肩や足に負担をかけず、楽に横向きに寝ることができます。また、おなかの大きい妊婦さんが横になる時や、長い時間横向き姿勢が必要な胃カメラ検査の時などにも活用されています。

側臥位三兄弟
側臥位三兄弟

¥21,000(税抜き)

下になった肩の位置の部分をカットしてあります。

このことにより、体の重さから腕を解放できます。

側臥位三兄弟

¥11,200(税抜き)

上になる足をブリッジ状のクッションの上に乗せます。これで下の足はフリーとなります。3つの高さがありますが、そのうち2つを選んで使います。大柄な方は高・中を、小柄な方は、中・低を選びます。

側臥位三兄弟

¥7,500(税抜き)

仰向けにならないように側臥位を維持するクッションです。

また、オムツ替えの時など体を横向きに保つ場面でも便利です。

側臥位三兄弟

¥7,000(税抜き)

ベースくんと高さを合わせるために使うクッション。

いつも使っている枕をのせてご使用下さい。

ご注文はこちら
側臥位三兄弟
側臥位三兄弟

医療法人社団はんぷ会 亀井克則

 当時、私が夜勤をしていたグループホームで70kgの左片マヒのおじいちゃんがいました。夜、仰臥位ではよく眠れるのですが、右側臥位になると左足の置き場が定まらないのと、上半身が背中側に開き体が捻れた状態になってしまうため、眠りが浅く、「寝れないぞ〜」、「痛いぞ〜」と夜中話しますが、声が大きいので他の利用者が起きないか、苦情にならないか心配でした。
 本人にとっても、夜、眠りが浅いので、昼間ウトウトしており、食事量・水分量が下がり、便秘気味になりました。
 医師からの眠剤使用の話が出たのですが、その前にポスチュアリングを試してみることにしました。おじいちゃんの身体をメジャーで図り、でく工房で一緒に試作しました。
 光野さん(でく工房)から「道具というものは、使った瞬間から効果が出なければ意味がない。メガネだってそうでしょう」と言われていたので、少し不安でしたが…。寝ました!爆睡です!! しかも次の日も次の日も!!!
 もう一つ良かったのは、設置方法さえわかれば「誰でも同じ効果を出せる」ことでした。器用、不器用関係ないです。うれしくてうれしくて、早速でく工房へ報告したのを覚えています。

※ポスチュアリングとは、「姿勢づくり」とか「姿勢ケア」という意味です。

ここでは、適切な寝る姿勢について検討し、具体的に対応することを意味しています。

側臥位三兄弟
このページのトップへ